検索タグ
おすすめ
流し2ちゃんねる
ブラウザで2ちゃんねるをリアルタイム流し見。インストールや登録は不要。
大館市 掲示板
地域別掲示板
テーマ別掲示板
他のテーマの掲示板をご希望の場合は、
投稿のしかた
投稿は超簡単。動画や画像をメールに添付してスマホや携帯から送るだけ。
フォームからも送れますのでお好きな方を選んでお気軽にお試し下さい。
メールで送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるメールアドレスに投稿したい内容をメールで送信してください。

メールの内容は以下の様に掲示板に掲載されます。

・件名
→ タイトル(省略可)

・本文
→ メッセージ内容(省略可)

・添付ファイル
→ 画像・動画ファイル(省略可)

本文中に以下の形式で名前を記述すると名前欄に掲載できます。

name:[(お名前)]

【メール本文記述例】

name:[しんちゃん]

今日はいい天気だね。

送信先のアドレスは各掲示板に記載してあります。

大館市 掲示板の
送信先アドレスは以下の通りです。

akita-oodate
@wma.jp
こちらをクリックして送信してください。
フォームから送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるフォームから送信してください。

フォームを開くボタンは各掲示板別に用意してあります。

一部、フォームの使用を許可していない掲示板もあります。その場合はメール送信で投稿して下さい。

大館市 掲示板の
フォームは以下のボタンを押すと開きます。

注意事項
以下のような投稿・コメントはすべて禁止いたします。
・当該サイトの内容にそぐわないもの。他人に対する嫌がらせ、悪口、脅し、名誉毀損や侮辱する内容。
・営業妨害、著作権法に違反するもの。商業目的、広告目的、個人のプライバシーに関わる情報。
・送信メールアドレスの偽装やシステムに対する不正なアクセスなどの行為。
・わいせつ・暴力・惨劇など、公序良俗に反する内容や他人を不快にさせる内容。

上記に違反する投稿、こちらが不適当と判断した投稿は断り無く削除・修正する場合があります。
相互リンク
相互リンクして頂けるサイト様を募集しています。
都道府県別・市区別・テーマ別に掲載いたしますので、地域性や指向性の強いアクセスをお送りできます。
先着順でお受け致しますので、サイト名・アドレス・ご希望の掲載地域をメールでお気軽にご連絡下さい。
大館市 地域情報
大館市(おおだてし)は、秋田県北部に位置する市。市の北境で青森県と接している。

概要
市域の大部分は山間部であり、米代川とその支流の流域に沿って集落が点在する。大館城址および市役所、裁判所、検察庁などが建ち並ぶ旧市街地は長木川と米代川に挟まれた大館盆地の中心にある。

全国の一般的な主要都市と異なる点は、中心部にある鉄道駅が業務委託駅(東大館駅)で主要駅の大館駅は中心部から2キロメートル以上離れる郊外にある点であり、そのため交通施設(交通)と商業施設(経済)が非効率に分散したまま発展してきている。

県庁所在地秋田市および県南部への交通の便は悪く、娯楽や観光・商業・医療の面では秋田県内の各都市とのつながりよりも、奥羽本線・東北自動車道などが通っていて近い弘前市や中南津軽地域とのつながりが強い。

地理
秋田県の北部に位置する。北境で青森県と県境を接し、東境で鹿角郡小坂町と鹿角市、南境で北秋田市、西境で藤里町と接する。2005年(平成17年)、西部の田代町、北部の大館市、南部の比内町が合併し、面積がほぼ2倍となった。

秋田三大河川の1つである米代川が東から西に向かって中央部を貫き、南から流れてきた犀川と引欠川、北東から流れてきた長木川、岩瀬川、早口川が次々と合流する。大館市は、四方を山に囲まれた盆地である。北部の山々は、白神山地の東端に位置する田代岳を主峰とする1000メートル級の峰が連なり、東部には鳳凰山に代表される500メートル級の山々に樹海が広がっている。南部には、竜ヶ森を主峰とする比内連峰が屏風のように聳え、東部には魔当山などのなだらかな山並みが続いている。大館盆地の中央(米代川南側)には、霊峰として知られる達子森がピラミッドのような山容で聳えている。

歴史
大館市周辺の北秋鹿角地方は縄文時代の遺跡が多く残る地域で、大館市内にも170か所におよぶ遺跡が確認されている。8 - 9世紀ころまでは蝦夷の地であり、当時は大館市周辺は火内(=比内)と呼ばれる大和朝廷の勢力の及ばない地域であった。

大館地方が文献に初めて登場するのは『日本三代実録』元慶2年(878年)条の元慶の乱の記事で、秋田城下の村の一つとして「火内」と記され、大館地方は古来から比内郡の一部であった。

1590年(天正18年)に豊臣秀吉の朱印状により比内郡が秋田郡に編入され、以後、1878年(明治11年)に旧比内郡のほぼ全域が北秋田郡となるまで秋田郡に属していた。

関ヶ原の戦い以後、常陸国から佐竹氏が移封され、大館城には現在の常陸大宮市から佐竹氏に従って移った小場義成(佐竹西家)が城代として入城して、江戸時代には久保田藩の大館城下として栄えた。

しかし戊辰戦争のおりに十二所の戦い・大館城攻城戦で大館城などの中心部を含む市内の広範囲の部分、とくに中心部は町屋29軒しか残らなかったほど焼き尽くされ、その後も大正・昭和期に中心部が幾度となく大火にみまわれ、歴史的な建造物や城下町だった面影はほとんど残っていない。

近世では、1885年(明治18年)に花岡村で黒鉱などが発見されたことを初め、広範囲で鉱山が開山された。鉱石の運搬などのため秋田県でもいち早く鉄道網が整備され、1980年ころまでは秋田県の都市圏の中では秋田市に次ぐ規模として人口も増加し周辺が発展していった。しかし、昭和時代後半には資源の枯渇にともない鉱山の閉山が相次ぎ、人口が流出すると同時に鉄道の廃線や商業施設の衰退など市として一時の勢いがなくなり、秋田県の都市圏としても2000年以降6位まで下落している。「秋田県#都市圏」も参照
(ウィキペディアより一部抜粋)
トップページ
動画掲示板
トップページに戻る