検索タグ
おすすめ
流し2ちゃんねる
ブラウザで2ちゃんねるをリアルタイム流し見。インストールや登録は不要。
郡山市 掲示板
地域別掲示板
テーマ別掲示板
他のテーマの掲示板をご希望の場合は、
投稿のしかた
投稿は超簡単。動画や画像をメールに添付してスマホや携帯から送るだけ。
フォームからも送れますのでお好きな方を選んでお気軽にお試し下さい。
メールで送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるメールアドレスに投稿したい内容をメールで送信してください。

メールの内容は以下の様に掲示板に掲載されます。

・件名
→ タイトル(省略可)

・本文
→ メッセージ内容(省略可)

・添付ファイル
→ 画像・動画ファイル(省略可)

本文中に以下の形式で名前を記述すると名前欄に掲載できます。

name:[(お名前)]

【メール本文記述例】

name:[しんちゃん]

今日はいい天気だね。

送信先のアドレスは各掲示板に記載してあります。

郡山市 掲示板の
送信先アドレスは以下の通りです。

fukushima-kooriyama
@wma.jp
こちらをクリックして送信してください。
フォームから送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるフォームから送信してください。

フォームを開くボタンは各掲示板別に用意してあります。

一部、フォームの使用を許可していない掲示板もあります。その場合はメール送信で投稿して下さい。

郡山市 掲示板の
フォームは以下のボタンを押すと開きます。

注意事項
以下のような投稿・コメントはすべて禁止いたします。
・当該サイトの内容にそぐわないもの。他人に対する嫌がらせ、悪口、脅し、名誉毀損や侮辱する内容。
・営業妨害、著作権法に違反するもの。商業目的、広告目的、個人のプライバシーに関わる情報。
・送信メールアドレスの偽装やシステムに対する不正なアクセスなどの行為。
・わいせつ・暴力・惨劇など、公序良俗に反する内容や他人を不快にさせる内容。

上記に違反する投稿、こちらが不適当と判断した投稿は断り無く削除・修正する場合があります。
相互リンク
相互リンクして頂けるサイト様を募集しています。
都道府県別・市区別・テーマ別に掲載いたしますので、地域性や指向性の強いアクセスをお送りできます。
先着順でお受け致しますので、サイト名・アドレス・ご希望の掲載地域をメールでお気軽にご連絡下さい。
郡山市 地域情報
郡山市(こおりやまし)は、福島県中通り中部に位置する市である。中核市に指定されている。

概要
市域は、中央分水界となっている奥羽山脈の東西にわたる。市の西部は日本海側である猪苗代湖南岸に位置し、 東部は阿武隈高地に及ぶ。

市街地エリアは、栃木県宇都宮市と宮城県仙台市の中間に位置しており、東北新幹線・東北本線・東北自動車道・国道4号で繋がれている。また、西(日本海側)の会津若松市や新潟市と、東(太平洋側)のいわき市へは、磐越自動車道や磐越西線・磐越東線および国道49号で移動する事が可能である。そのため、東日本の交通の十字路として拠点化が進み、経済・内陸工業・流通・交通の要衝として、東北地方第2の人口と経済規模を擁する郡山都市圏を形成している。このような本市の拠点性により、県域放送をしているテレビ局2局とFM局1局が立地し、県庁所在地ではないにも関わらず、本県の情報集散地のひとつとしても機能している。民営事業所数15,927か所、商業事業所数4,341か所、年間商品販売額1兆4913億円(2007年度)で、いずれも経済分野で福島県内で第1位(東北地方で第2位)であり、「商都」「経済県都」とも呼ばれている。

江戸時代には、奥州街道の郡山宿があったが、本市の発展は明治時代に開削された安積疏水の寄与が大きい。安積疏水は、農業用水として当地の開拓を進め、工業用水・水力発電・飲用水にも用いられて都市化を進めた。また、郡山駅が鉄道路線の分岐駅となって人や物が集散し、大正時代には市制施行により、本市が福島県最大の都市となった。 戦後の高度経済成長期には京浜工業地帯の企業が多く進出し、関東地方との繋がりが強まった。

市西部の布引高原では、風車33基、発電所出力65,980kW(国内2位)の「郡山布引高原風力発電所」が電源開発株式会社により建設され、2006年12月に運転を開始した。 2014年4月には産総研福島再生可能エネルギー研究所が開所し、市でも公共施設に太陽光発電設備を導入するなど、再生可能エネルギーの導入、普及促進に積極的に取り組んでいる。

2013年9月1日には推計人口が328,112人となり、それまで県内最大だったいわき市(327,993人)を上回り1966年以来約47年ぶりに県内最大都市に復帰した。しかし2016年1月1日段階では再びいわき市(349,190人)に県内最大都市の座を明け渡している。

地理
福島県の中央部に位置する。安積平野または郡山盆地と呼ばれる海抜245mの平坦地を中心に市街地が広がっている。 西に猪苗代湖、東に阿武隈山地、北は安達太良山に接しており、市の中心部を南から北へ阿武隈川が流れる。 市域は広く、郡山駅周辺の市街地は郡山ビッグアイ展望台から望むことが出来る。

歴史
古代では7世紀の安積郡設置以来、安達・田村両郡が10世紀に分郡されるまで、現在の二本松市・田村市を含む広大な地域の中心地として機能していたとみられ、中心市街地直下に位置する清水台・咲田・虎丸遺跡が関係する遺跡として考えられている。 ちなみに当時の古代律令制度の下で、郡の官人(郡司)が政務を執った役所のことを郡衙と言うが、「郡山」という現在の地名は、この郡衙が当地に置かれていたことに由来する。

11世紀になると、東部を中心として藤原氏や熊野の荘園が設置され、樹枝状の低地にも開発が進んだ。鎌倉時代には伊東氏の宰領する土地であったことが文献から推測されており、鎌倉時代末期には東部地域が南北朝の争乱地帯であった。

室町時代を迎えると、安積町に篠川御所が設けられたことで、南東北の政治的中心地として文献に当該地域の地名が頻出するようになる。しかしながら、郡山市域の伊東氏は早くから分家が分立した状態にあり、中世を通じて主体的な権力を保持する戦国大名に成長するには至らなかった。そのため、当地の政治状況は中期以降は検段職を有する白河結城氏に属し、末期になると蘆名氏や伊達氏の影響下にあった。その一方、経済的には、安積町の4号国道に沿った地域で実施された大規模な発掘調査によって、この地域が流通の拠点として機能していたことが判明している。調査では古代の街道と中世の街道が検出された他、多数の建物跡や堀・溝が発見され、出土遺物から12 - 16世紀に亘る年代観が与えられている。

豊臣政権下の上杉氏を経て江戸時代になると、二本松城に織田系大名であった丹羽氏が入封し、郡山は城下以外の唯一の町であった。 江戸時代末期に宿場町となり、人々が集い始めた郡山であったが、当時の人口はおよそ5,000人。 周辺は、農家のための秣場や荒れた原野が広がっていた。

明治政府が東北地方の開発を直接国費で実施するようになるのは、明治10年頃からで、その第一号として郡山が選ばれた。 これが世に言う「安積開拓」である。 明治政府の士族授産と殖産興業の方針のもと決まった国営安積開拓事業は、もともと水利が悪かったこの地に、山を越えて、猪苗代湖から疏水を開削して原野を開発し、封建制度の廃止により職を失った失業士族を入植させようというものであった。 安積疏水の開削の決定を機に、当時約5,000人のまちの周辺に、9藩から約500戸、2,000余の人々がやってきた。 この入植の第一陣が、久留米士族であった。これを機に、岡山、土佐、鳥取、二本松、棚倉、会津、松山、米沢の各藩から人々が集まった。 実に延べ85万人の人々が携わり、3年の月日を費やした大事業であった。

農業水利として行われた安積疏水と安積開拓により郡山は肥沃な大地に生まれ変わった。 もっとも地域経済に大きな効果を招来したのは疏水に伴う水力発電事業の方が大きかった。 郡山市街地まで国内初の長距離送電を行った水力発電所「沼上水力発電所」として利用され、電力を自給すると共に余剰電力を安く供給して多くの工場を誘致。 郡山には信州を始めとする各地の資本により紡績工場が多数進出し、鉄道網の拡充とともに近代化が加速された。

やがて製糸業、窯業、機械工業、化学工業などの製造業も盛んとなり人口も増え続け、大正13年9月、市制を施行し「郡山市」が誕生。 昭和期に入り太平洋戦争が始まると、市内の産業は軍需関連が中心となり、昭和19年には軍都の指定を受ける。 国による軍都整備事業や軍需産業により郡山はさらなる発展を遂げるが、昭和20年4月、アメリカ軍のB29爆撃機による大規模な空襲を受け、その後終戦までに3回もの爆撃があり、郡山駅周辺市街地及び工場地帯は壊滅的な打撃を受け、多くの犠牲者を出した。 終戦後の昭和21年、戦災復興都市の指定を受け商工業都市としての復興が始まり、昭和39年、新産業都市の指定、 昭和61年、郡山地域テクノポリスの指定を経て、平成9年4月には東北初の中核市へ移行した。

明治時代の安積開拓に始まり、高度経済成長期にかけて商工業都市として急速に発達する一方で、人口が急増し、さまざまな人々が集まったことから暴力団抗争が相次いで起こり、治安の悪い街「東北のシカゴ」として名前が広がってしまった。 そんな中、全国で「素人のど自慢大会」などが人気を集め、郡山でも町内会の演芸会などで音楽活動が盛んになり、いつしか音楽が市民の心の拠り所となっていった。やがて本格的なオーケストラの演奏会開催を望む市民の機運が高まり、1954年(昭和29年)、郡山音楽協会と郡山青年文化協会主催の「NHK交響楽団公演」が国鉄郡山工場の大食堂を会場として開催された。 その後も合唱、器楽、学校音楽での活動や演奏会、当時日本最大のロックフェスティバルと言われた1974年(昭和49年)のワンステップフェスティバルなどの開催により、「東北のシカゴから東北のウィーンへ」としてイメージ改善を進め、2008年(平成20年)に「音楽都市宣言」を行い、「楽都郡山」をキャッチフレーズに音楽活動が盛んな街として情報発信を行っている。

福島県の地理的中間部に位置していることから、県庁を郡山に移転しようという動きが平成に至るまで県内に根強く残っている。これは明治18年の県議会において賛成37、反対16の大差でいったんは可決され、当時の県令である三島通庸から上申書が内務省へ提出されたが、不明瞭な経過を経て却下されたことが尾を引いている。県の北端である福島市に県庁及び国立大学、県立図書館、県立美術館、県立医大、附属病院などの公共施設が集中することから不便、不公平感を訴える県民の声が根強くあり、東日本大震災を経て現在でも会津地方及び県南・県中地方の自治体などから請願書が県へ提出されている。
(ウィキペディアより一部抜粋)
トップページ
動画掲示板
トップページに戻る