検索タグ
おすすめ
流し2ちゃんねる
ブラウザで2ちゃんねるをリアルタイム流し見。インストールや登録は不要。
本宮市 掲示板
地域別掲示板
テーマ別掲示板
他のテーマの掲示板をご希望の場合は、
投稿のしかた
投稿は超簡単。動画や画像をメールに添付してスマホや携帯から送るだけ。
フォームからも送れますのでお好きな方を選んでお気軽にお試し下さい。
メールで送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるメールアドレスに投稿したい内容をメールで送信してください。

メールの内容は以下の様に掲示板に掲載されます。

・件名
→ タイトル(省略可)

・本文
→ メッセージ内容(省略可)

・添付ファイル
→ 画像・動画ファイル(省略可)

本文中に以下の形式で名前を記述すると名前欄に掲載できます。

name:[(お名前)]

【メール本文記述例】

name:[しんちゃん]

今日はいい天気だね。

送信先のアドレスは各掲示板に記載してあります。

本宮市 掲示板の
送信先アドレスは以下の通りです。

fukushima-motomiya
@wma.jp
こちらをクリックして送信してください。
フォームから送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるフォームから送信してください。

フォームを開くボタンは各掲示板別に用意してあります。

一部、フォームの使用を許可していない掲示板もあります。その場合はメール送信で投稿して下さい。

本宮市 掲示板の
フォームは以下のボタンを押すと開きます。

注意事項
以下のような投稿・コメントはすべて禁止いたします。
・当該サイトの内容にそぐわないもの。他人に対する嫌がらせ、悪口、脅し、名誉毀損や侮辱する内容。
・営業妨害、著作権法に違反するもの。商業目的、広告目的、個人のプライバシーに関わる情報。
・送信メールアドレスの偽装やシステムに対する不正なアクセスなどの行為。
・わいせつ・暴力・惨劇など、公序良俗に反する内容や他人を不快にさせる内容。

上記に違反する投稿、こちらが不適当と判断した投稿は断り無く削除・修正する場合があります。
相互リンク
相互リンクして頂けるサイト様を募集しています。
都道府県別・市区別・テーマ別に掲載いたしますので、地域性や指向性の強いアクセスをお送りできます。
先着順でお受け致しますので、サイト名・アドレス・ご希望の掲載地域をメールでお気軽にご連絡下さい。
本宮市 地域情報
本宮市(もとみやし)は、福島県中通りの中部に位置する市。

概要
現在、福島県内の市では人口が最も少なく、また面積も最も小さい。2005年4月に施行された新・合併特例法に基づく新設合併は全国初である。福島県の中部に位置し、東北自動車道などの交通網も充実しており、県を代表する内陸工業地帯となっている。

地理
福島県の中間部に位置し、市の地理的中央部を縦断するように阿武隈川が流れる。

安積原野の一部を形成し、市街地が国道4号、県道355号の沿線に広がっている。

市内は大きく阿武隈川を挟んで地形が二分されている。旧本宮町側は、奥羽山脈系(または安達太良山系)の里山が西部に広がっており、川に近付くにつれて安積原野の一端が広がっていき、平地となる。また大玉村や郡山市の山中を水源とする河川も豊富で、北から百日川、安達太良川、瀬戸川、五百川が流れている(うち百日川と安達太良川は同じ水源で途中で分かれる。)。旧白沢村側は、阿武隈高地系の低い里山が数多く存在し、白沢側は、ほぼ山に囲まれているといってもよい。市内は平均海抜200m前後にあり、高い所でも400mから500mほどである。

古くは会津街道、相馬街道、三春街道の交点でもあり、交通の中心地であった。鉄道の駅も早くから設置され、猪苗代町出身の医学者野口英世が故郷から離れ上京する際、馬車で本宮まで出てきて本宮駅で列車に乗り東京まで出た話は有名である。砂利道ではあったが交通輸送産業も早くから行っており、バスやタクシーの発展も早かった。

現在は国道4号からの会津街道分岐(福島県道8号本宮熱海線)、小浜道(二本松市)や石筵道(郡山市)への分岐点の戸崎ロータリー(それぞれ福島県道118号本宮岩代線、福島県道146号石筵本宮線/うち石筵道はいまだ完成していない)があり、現在でも役割を果たしている。

歴史
古くは本牧(ほんもく)と呼ばれていたことが記録に残っている。その後奈良時代には本牧(ほんもく)が本目(ほんもく・もとめ)に変わり(木目と書き「もとめ」と呼ぶ説もある)、11世紀には、現在の本宮となった。本宮の名の由来は市内北部に存在する南達地方一帯の総鎮守、安達太良神社に由来する。

会津街道の起点をはじめ、三春街道、相馬街道などが通っていたため、宿場町として有名であった。その他裏会津街道等の裏街道の発達も早くからしており、「安達駅」(あだちのうまや)が、ここ本宮にあった。現在、会津街道起点の石碑は、本宮市歴史民俗資料館に移転、保存されていて、だれでも見ることができるようになっている。伊達政宗が人取橋の戦いの際に拠点としたことでも有名である。(人取橋合戦場) その後、江戸時代には二本松藩の支配下となった。

戊辰戦争の際には激しい戦いが繰り広げられ、現在でも市内各所に戦いの爪痕が見られる。

明治・大正時代には株式会社本宮電気が設立され、現在の大玉村玉井地区に発電所を建設し、このあたり一帯の電気を発電するなど、華やかしい産業が多数生まれた。昭和に入るとグンゼの工場が本宮地区で操業を始めた。そのため太平洋戦争中に工場が狙われ空爆されたことがある(俗に言う"本宮空襲")。この空襲では4人の尊い命が失われた。

戦争が終わり、高度経済発達期に突入すると、本宮、荒井、糠沢、白岩の各地区に工業団地が造成され、アサヒビールの誘致に成功。現在までに県内でシェアを保っている。この頃から主産業が変化し始め、現在の主産業は工業である。

1980年代に入ると、中規模の団地造成が始まった。北郡山ニュータウンなどがその一例である。

1889年(明治22年)の市町村制時、旧本宮町は町制。安達地方の二本松市(当時二本松町、通称城下六町)と並ぶ核となった。 一時郡山圏に属していた時があったがその後安達圏に復帰。
(ウィキペディアより一部抜粋)
トップページ
動画掲示板
トップページに戻る