検索タグ
おすすめ
流し2ちゃんねる
ブラウザで2ちゃんねるをリアルタイム流し見。インストールや登録は不要。
土浦市 掲示板
地域別掲示板
テーマ別掲示板
他のテーマの掲示板をご希望の場合は、
投稿のしかた
投稿は超簡単。動画や画像をメールに添付してスマホや携帯から送るだけ。
フォームからも送れますのでお好きな方を選んでお気軽にお試し下さい。
メールで送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるメールアドレスに投稿したい内容をメールで送信してください。

メールの内容は以下の様に掲示板に掲載されます。

・件名
→ タイトル(省略可)

・本文
→ メッセージ内容(省略可)

・添付ファイル
→ 画像・動画ファイル(省略可)

本文中に以下の形式で名前を記述すると名前欄に掲載できます。

name:[(お名前)]

【メール本文記述例】

name:[しんちゃん]

今日はいい天気だね。

送信先のアドレスは各掲示板に記載してあります。

土浦市 掲示板の
送信先アドレスは以下の通りです。

ibaraki-tsuchiura
@wma.jp
こちらをクリックして送信してください。
フォームから送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるフォームから送信してください。

フォームを開くボタンは各掲示板別に用意してあります。

一部、フォームの使用を許可していない掲示板もあります。その場合はメール送信で投稿して下さい。

土浦市 掲示板の
フォームは以下のボタンを押すと開きます。

注意事項
以下のような投稿・コメントはすべて禁止いたします。
・当該サイトの内容にそぐわないもの。他人に対する嫌がらせ、悪口、脅し、名誉毀損や侮辱する内容。
・営業妨害、著作権法に違反するもの。商業目的、広告目的、個人のプライバシーに関わる情報。
・送信メールアドレスの偽装やシステムに対する不正なアクセスなどの行為。
・わいせつ・暴力・惨劇など、公序良俗に反する内容や他人を不快にさせる内容。

上記に違反する投稿、こちらが不適当と判断した投稿は断り無く削除・修正する場合があります。
相互リンク
相互リンクして頂けるサイト様を募集しています。
都道府県別・市区別・テーマ別に掲載いたしますので、地域性や指向性の強いアクセスをお送りできます。
先着順でお受け致しますので、サイト名・アドレス・ご希望の掲載地域をメールでお気軽にご連絡下さい。
土浦市 地域情報
土浦市(つちうらし)は、茨城県南部に位置する市。業務核都市、国際会議観光都市。

概要
茨城県発足から1980年代まで茨城県南地域の行政・経済及び周辺地域の交通の要衝としての役割を担っていた。1918年(大正7年)の筑波鉄道(旧・関東鉄道筑波線、1987年廃止)の開通、東隣の稲敷郡阿見村(現:阿見町)に1929年(昭和4年)に海軍航空隊が設置されたことなどによって交通の要衝となり、料亭や遊郭その他休養施設が多かったこともあって、終戦に至るまで海軍の町でもあった。戦後は、土浦駅西口(市中心部)に小網屋(1999年閉店)、京成百貨店(1989年閉店)、丸井(2003年閉店)などの百貨店が立地し、商業都市としての役割を担っていた。

土浦駅前のバスターミナルは地域の中で最も多数のバス発着起点であったが、1970年代からの新治郡・筑波郡・稲敷郡の各一部(現:つくば市)における筑波研究学園都市の開発、1990年代以降のモータリゼーションの発達や規制緩和の影響による郊外型店舗増加により、駅周辺の大型商業施設はペルチ土浦(駅ビル)を残すのみとなるなど、中心市街地の求心力は低下した。しかし、現在も行政機関が集積されているほか、周辺市町村より多く高等学校が立地する。

市内では、日本三大花火の一つである土浦全国花火競技大会が毎年10月に開催される。また、レンコンが特産品であることと、海軍に縁があり飛行船「ツェッペリン伯号」が飛来した際にカレーを振舞ったことから、レンコンを入れたカレーで町おこしを行っている。

歴史
史料初見は元徳元年(1329年)、「東寺百合文書」に土浦村(現在の稲敷郡美浦村)の記載がある。室町時代に土浦城が築かれ、一時期を除いて小田氏の居城として小田原征伐まで一帯を治めた。

小田氏滅亡後は結城秀康の所領となるも、江戸時代に入り藤井松平家の松平信一が入封し土浦藩が成立。その後は松平氏・朽木氏が入ったものの、寛文2年(1662年)に若年寄土屋数直が入封し以後一時期を除いて土屋氏の城下となる。陸前浜街道と霞ヶ浦の水陸交通の要地であったことから本陣・旅籠・問屋が置かれ、多くの商家が軒を連ねると共に醤油醸造業が盛んとなり、常陸国では水戸に次ぐ第二の都市として繁栄した。1786年の調査では人口3988人であった。

明治時代初期には新治県の県庁が置かれ、新治県が茨城県に統合された後では新治郡の郡役所が置かれた。1896年に日本鉄道が土浦~友部間、翌1897年に土浦~田端間(現在の常磐線)が開通、それまでの内陸水運に代わり主な交通手段となる。1918年(大正7年)には筑波鉄道(旧・関東鉄道筑波線、1987年廃線)が開通し、土浦駅が常磐線との結節点となった。

第二次世界大戦前には、市南部に土浦海軍航空隊の基地があり、通称「予科練」(海軍飛行予科練習生)と呼ばれた海軍航空兵の教育機関があった。海軍関係者や面会者のための料亭や遊郭その他休養施設が現在の桜町に集められ、終戦に至るまで海軍の町としての役割を担った。1945年(昭和20年)6月10日の阿見空襲では土浦市の市街地も爆撃され、数名の死者が出ている。

1985年(昭和60年)の国際科学技術博覧会(通称つくば万博)が、新治郡・筑波郡・稲敷郡の各一部(現:つくば市)で開催されたことにより、インフラ整備が進む。

なお、2014年2月10日、土浦市長とつくば市長が合同記者会見を開き、両市の合併を視野に入れた定期的な勉強会を開くことが決められた旨、伝えられた。
(ウィキペディアより一部抜粋)
トップページ
動画掲示板
トップページに戻る