検索タグ
おすすめ
流し2ちゃんねる
ブラウザで2ちゃんねるをリアルタイム流し見。インストールや登録は不要。
亀岡市 掲示板
地域別掲示板
テーマ別掲示板
他のテーマの掲示板をご希望の場合は、
投稿のしかた
投稿は超簡単。動画や画像をメールに添付してスマホや携帯から送るだけ。
フォームからも送れますのでお好きな方を選んでお気軽にお試し下さい。
メールで送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるメールアドレスに投稿したい内容をメールで送信してください。

メールの内容は以下の様に掲示板に掲載されます。

・件名
→ タイトル(省略可)

・本文
→ メッセージ内容(省略可)

・添付ファイル
→ 画像・動画ファイル(省略可)

本文中に以下の形式で名前を記述すると名前欄に掲載できます。

name:[(お名前)]

【メール本文記述例】

name:[しんちゃん]

今日はいい天気だね。

送信先のアドレスは各掲示板に記載してあります。

亀岡市 掲示板の
送信先アドレスは以下の通りです。

kyouto-kameoka
@wma.jp
こちらをクリックして送信してください。
フォームから送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるフォームから送信してください。

フォームを開くボタンは各掲示板別に用意してあります。

一部、フォームの使用を許可していない掲示板もあります。その場合はメール送信で投稿して下さい。

亀岡市 掲示板の
フォームは以下のボタンを押すと開きます。

注意事項
以下のような投稿・コメントはすべて禁止いたします。
・当該サイトの内容にそぐわないもの。他人に対する嫌がらせ、悪口、脅し、名誉毀損や侮辱する内容。
・営業妨害、著作権法に違反するもの。商業目的、広告目的、個人のプライバシーに関わる情報。
・送信メールアドレスの偽装やシステムに対する不正なアクセスなどの行為。
・わいせつ・暴力・惨劇など、公序良俗に反する内容や他人を不快にさせる内容。

上記に違反する投稿、こちらが不適当と判断した投稿は断り無く削除・修正する場合があります。
相互リンク
相互リンクして頂けるサイト様を募集しています。
都道府県別・市区別・テーマ別に掲載いたしますので、地域性や指向性の強いアクセスをお送りできます。
先着順でお受け致しますので、サイト名・アドレス・ご希望の掲載地域をメールでお気軽にご連絡下さい。
亀岡市 地域情報
亀岡市(かめおかし)は、京都府の中西部に位置する市である。京都府内では京都市・宇治市に次ぐ人口を有する都市である。

概要
旧名は亀山。亀岡市は旧丹波国の最南端に位置し、山城国・摂津国の境目となる。旧丹波国の中では人口は最多であり、旧丹波国内の中心都市であった。戦国時代末期に明智光秀が丹波亀山城と城下町を築いたことが近代亀岡の礎となった。しかし、現在では京都・大阪の衛星都市の側面を持つようになった。なお、南丹市と船井郡京丹波町と併せて口丹波や口丹、南丹と称することもある。

地理
亀岡市は、亀岡盆地及び周辺山地を中心に位置している。亀岡盆地のほぼ中央を大堰川・保津川(桂川)が流れる。周辺山地には丹波高地等が亀岡市域に迫り出しており、山間部には東別院町・本梅町・畑野町等の地区があり、桂川水系ではない。

亀岡盆地は太古は大きな湖であり、風が吹くと美しい丹色の波が立ったところから、このあたりを丹のうみ・丹波と呼ぶようになったとされており、出雲神話で有名な大国主命が亀岡と嵐山の間にある渓谷を切り開いて水を流し土地を干拓して、切り開いた渓谷を妻神「三穂津姫命」の名前にちなみ保津川・保津峡と名付けたという伝説も残っており、出雲大神宮(千歳町)の祭神となっている。湖だったことを示す地層も明らかになっている。

桂川を大堰川と呼ぶ名称は、渡来人である秦氏がつくった農業用の「堰」に由来する。徒然草(第五十一段)では「大井川」となっており、大井町にある大井神社に由来する。また、保津町請田から京都市嵐山までは保津川と呼び慣わしている。その他、流域によって大川、千歳川などの名称で呼ばれている。

馬路・千歳・河原林・旭の各町がある大堰川(保津川)左岸は総称して川東と呼ばれ、愛宕山系の扇状地であり、同山系を水源とする七谷川や三俣川は高低差が激しく、よく氾濫したという。

気候は内陸性気候。気象台区分としては、亀岡市域を京都市・山城地域の京都府南部に含んでいる。しかし、晩秋から早春にかけて亀岡盆地名物の深い霧(「霧の都 亀岡」とも言われる所以)が発生しており、この季節に京都市内から保津峡や老ノ坂峠を経て市内へ入ると景色が一変する。霧の規模は全国的に有名で、最大、正午過ぎまで晴れないことも多い。衛星写真では亀岡市全体が霧の影響で白く写ることもある。 。 亀岡市街地は保津川(大堰川)より低地であるうえに、保津峡でせき止められることにより逆流を原因とする水害が多発していた。この洪水は日吉ダムの開設により一応は解決しているものの、遊水池となっていたJR嵯峨野線と保津川(大堰川)の間にはほとんど建築物がない。しかし、嵯峨野線複線化と併せて新たな都市開発の構想がある。

大都市に隣接しながらも、水田生態系が豊富に残されており、アユモドキ(国の天然記念物)やオオサンショウウオ(特別天然記念物)、ホトケドジョウが観察されている。なお、アユモドキは環境省レッドデータブックで絶滅危惧IA類、京都府レッドデータブックで絶滅寸前種に指定されている。

2012年12月、京都府が計画している球技専用スタジアムの建設地に内定。2017年に完成予定であるが、同地がアユモドキの生息地付近で、絶滅の恐れがあると日本魚類学会などは反対している。「京都スタジアム」も参照

歴史
古代には馬路町・千歳町出雲等の大堰川(保津川)左岸の川東に古墳が多く見られ大豪族がいた地域と見られており、千歳町国分地区に国分寺が置かれている。日本書紀には、6世紀の初め、皇位継承者の途絶えた朝廷が、天皇の血筋にあった倭彦王を迎えようとしたと記されている。丹波の桑田郡、つまり現在の亀岡にいた倭彦王は、迎えの兵に驚いて逃亡したため、その後、朝廷は、越前から継体天皇を迎えたとされている。継体天皇元年に初めて神殿が建立された愛宕神社や出雲大神宮や立命館大学創立者の中川小十郎の子息である有名な彫刻家流政之氏のくぐりほていがある養仙寺もあるなど歴史的に古い地域である。諸説あるが、大堰川右岸の千代川町に丹波国府が置かれたとも言われている。京都との国境の大枝には酒呑童子の鬼がいたと言われ、源頼光によって討伐されたという伝説がある。この伝説のためか、湯の花温泉入り口には鬼の立像がある。

薭田野町・曽我部町に佐伯神社、穴太寺、神蔵寺など由緒ある重要な寺社も多い。

現在の亀岡市街地から篠町にかかる地域は4世紀ころまでは湖沼地だったらしいが、秦氏の大堰川(保津川)治水工事などにより利用可能な土地となると、桑田神社や屯倉が建立されたりして人の移住が見られた。市街中央部から稗田野地区まで広範囲に条里制が敷かれたようだ。

7 - 8世紀ころには山陰道各国府を結ぶ山陰道が設けられ、また現在の京都市右京区の京北地域にあたる弓削郷・山国郷などの木材が桂川に乗って京都へ運ばれるようになると、亀岡周辺は保津峡直前の船待ち場として発展した。京都・山城から山陰へは当市域が入り口に当たるため、山城との境に当たる老の坂峠・王子宿には多くの宿場が立ち並んだ。また土地の私有が可能になると、小川荘や桑田荘・矢田荘および加舎荘などの荘園が開発された。

平安末期の武将で摂津源氏の源頼政の墓がつつじヶ丘地区にある。また、篠町には足利尊氏の挙兵の地となった篠村八幡宮があるなど当市域は鎌倉・南北朝時代を通じて源氏の一拠点となった。石門心学の石田梅岩、画家・円山応挙、医者・山脇東洋も亀岡市域の出身者である。また、摂津国福原の一ノ谷に向かう途中に通過した源義経や那須与一などのほかに安倍晴明、文覚、一遍、蓮如、明智光秀、小早川秀秋、角倉了以を始めとして亀岡にゆかりのある著名人は多い。

安土桃山時代に入って明智光秀が丹波統治のため古世地区に丹波亀山城を築き城下町を形成したことによって、亀岡は近代的な発展を遂げる。明智滅亡後も豊臣・徳川政権下において丹波亀山城には羽柴秀勝(於次、信長四男)、豊臣秀勝(小吉、秀吉の甥)、小早川秀秋、前田玄以・岡部長盛ら信任ある人間が配置されるなど京都の西北の入り口として重要視され続けた。亀山藩主は代々老中や寺社奉行、京都所司代、大坂城代等の要職を務めたために出費は大きなものであったようだ。このため、たびたび重税が課せられ、亀山藩支配下の村々はみな疲弊したという。

角倉了以の保津川開削以後、桂川の輸送力が強化されると、丹波と京都の中継地点として亀岡市域内の宇津根・馬路・保津・山本が栄えた。桂川水運は大正時代まで連綿と続いた。また、京街道・山陰街道および摂丹街道の分岐点が城下の追分に設けられて発展した。

1869年、三重県亀山市と混同するため、亀山から亀岡へと改称される。1871年、廃藩置県で亀岡県となり、同年に京都府所属となる。1899年、京都鉄道が園部まで開通、この時に亀岡駅ができた。1919年(大正8年)11月、新宗教「大本」の指導者出口王仁三郎が丹波亀山城を購入、整備を開始した。急成長する大本に恐怖した大日本帝国政府は1935年12月の第二次大本事件で徹底的に弾圧、翌年5月に全施設を破壊・焼却し、町には1か月に渡って大量の塵や灰が降ったという。坂口安吾が当時の亀岡を紀行文に残している。教団の土地は城跡を含め亀岡町が格安値で購入するも、太平洋戦争の敗戦により大本へ返還した。現在も宗教法人大本本部が亀山城跡に置かれている。
(ウィキペディアより一部抜粋)
トップページ
動画掲示板
トップページに戻る