検索タグ
おすすめ
流し2ちゃんねる
ブラウザで2ちゃんねるをリアルタイム流し見。インストールや登録は不要。
四日市市 掲示板
地域別掲示板
テーマ別掲示板
他のテーマの掲示板をご希望の場合は、
投稿のしかた
投稿は超簡単。動画や画像をメールに添付してスマホや携帯から送るだけ。
フォームからも送れますのでお好きな方を選んでお気軽にお試し下さい。
メールで送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるメールアドレスに投稿したい内容をメールで送信してください。

メールの内容は以下の様に掲示板に掲載されます。

・件名
→ タイトル(省略可)

・本文
→ メッセージ内容(省略可)

・添付ファイル
→ 画像・動画ファイル(省略可)

本文中に以下の形式で名前を記述すると名前欄に掲載できます。

name:[(お名前)]

【メール本文記述例】

name:[しんちゃん]

今日はいい天気だね。

送信先のアドレスは各掲示板に記載してあります。

四日市市 掲示板の
送信先アドレスは以下の通りです。

mie-yokkaichi
@wma.jp
こちらをクリックして送信してください。
フォームから送信する方法
投稿したい掲示板別に用意してあるフォームから送信してください。

フォームを開くボタンは各掲示板別に用意してあります。

一部、フォームの使用を許可していない掲示板もあります。その場合はメール送信で投稿して下さい。

四日市市 掲示板の
フォームは以下のボタンを押すと開きます。

注意事項
以下のような投稿・コメントはすべて禁止いたします。
・当該サイトの内容にそぐわないもの。他人に対する嫌がらせ、悪口、脅し、名誉毀損や侮辱する内容。
・営業妨害、著作権法に違反するもの。商業目的、広告目的、個人のプライバシーに関わる情報。
・送信メールアドレスの偽装やシステムに対する不正なアクセスなどの行為。
・わいせつ・暴力・惨劇など、公序良俗に反する内容や他人を不快にさせる内容。

上記に違反する投稿、こちらが不適当と判断した投稿は断り無く削除・修正する場合があります。
相互リンク
相互リンクして頂けるサイト様を募集しています。
都道府県別・市区別・テーマ別に掲載いたしますので、地域性や指向性の強いアクセスをお送りできます。
先着順でお受け致しますので、サイト名・アドレス・ご希望の掲載地域をメールでお気軽にご連絡下さい。
四日市市 地域情報
四日市市(よっかいちし)は、三重県北部に位置する県北部の中心都市で、国から特例市と保健所政令市の指定を受けている。

三重県の県庁所在地津市を上回る、三重県下最大の人口を擁し、都市雇用圏は東海地方で名古屋市、浜松市、静岡市、岐阜市に次ぐ規模を有している。

概要
四日市市は、中京工業地帯の代表的な工業都市である。近鉄名古屋線などが通ることから名古屋市への通勤・通学者がおり、日系ブラジル人が多く居住をする笹川団地(四郷地区)は市内南部にあり、名古屋のベッドタウン化している郊外の団地は昭和の大合併で編入された地域で、三重団地(三重地区)、桜台(桜地区)、三滝台(川島地区)、あかつき台(八郷地区)など、市内西部に位置する地域が多い。一方、三重県北勢地域の中心都市である為三重郡の各町、桑名市、鈴鹿市、亀山市など近隣の市町から当市へ通勤・通学する者も多く、昼夜間人口比率は100%を超えている。

2000年(平成12年)11月1日の制度運用開始とともに特例市に指定されている。2005年(平成17年)2月7日に隣接する三重郡楠町を平成の大合併による市町村合併で編入したことで人口が30万人を超えたため中核市移行を目指しているが、大矢知地区の産業廃棄物問題が解決しないため移行の目途が立っていない。中核市移行の準備段階として、2008年(平成20年)4月1日に保健所政令市に指定された。

古くは、東海道の宿駅(→四日市宿)で、伊勢神宮への分岐点が日永地区に追分という地名として残っている。市名は四のつく日に市がたったことに由来し、現在も各地で市が開かれている。四日市中心部は江戸時代天領になっており、伊勢国北部の北勢地域では行政の中心地であった。

1960年代から1970年代にかけて工場の排煙による大気汚染により四日市ぜんそくの発生地として悪名を轟かせていたが、現在は法整備や汚染防止技術向上などの対策が格段に進み、工業地帯周辺の大気状態も良好になっている。

郊外には田園や茶畑が広がる豊かな自然が望める。また、江戸時代から蜃気楼が見られたことでも知られている。

地理
三重県北部に位置し、市域は伊勢湾から鈴鹿山系にまで及ぶ。市制施行までは、県名の由来である三重郡に所属。

歴史
古くはヤマトタケルノミコトが東征の帰途に通過したという伝説が残る。古墳時代から栄え、市内には土器窯や土器片出土地が分布する。また、飛鳥時代には壬申の乱で大海人皇子が兵を集めたと言われる。

現在の四日市市街にあたる地域は、平安時代後期まではごく小規模な集落が存在するのみであった。しかし鎌倉時代から室町時代にかけて建立された寺が多いことから、その頃に発展を始めたものと考えられる。平安時代になり平安京が都となると、千草峠や八風街道から鈴鹿山脈を越えて近江・京都方面との往来が盛んとなり、伊勢商人や近江商人が峠越えをして活発に商いを行った。

安土桃山時代:天然の良港によって回船業が発達し、市場が出来る。市場は『四』の付く日に開かれたため、これが『四日市』の由来になったとされる。本能寺の変では逃亡する徳川家康を四日市の回船問屋が手助けし、その恩として幕府の直轄領(天領)になったとされている。実際は家康自身が陸海の要地であると認めたためと考えられる。江戸時代:天領である四日市に、四日市陣屋(代官所)や高札場ができ、北勢の行政・商業の中心地となる。東海道(東海道五十三次)の主要宿場(四日市宿)として本陣や宿駅も設置される。日永追分も現在の四日市市内にある。江戸末期、安政の大地震によって港が壊滅し、回船業が衰退していく。また四日市は尾張の宮宿(熱田)と十里の渡しで繋がり、東海道や伊勢参りの旅人に多く利用された。

市内の至る所で湧き水が出ていたため古来より「泗水」と呼ばれる。「三重郡の泗水」ということからこの周辺を「三泗地区」と呼ぶ。現在では湧き水の場所も所在が不明になり、僅かながら井戸が残っている程度である。

現在の港の基礎は、幕末から明治初期に回船問屋の稲葉三右衛門(1837年(天保8年)-1914年(大正3年))が私財を投じて整備した。周辺住民の反対など様々な困難があったが、現在の四日市港の礎を造った偉人として、JR四日市駅前に銅像が建てられている。
(ウィキペディアより一部抜粋)
トップページ
動画掲示板
トップページに戻る